大満足 - 購入商品: IPC-07W

ネットワークカメラ

ここまで簡単に設定ができるなんて思いませんでした。

今では本当に簡単に使えています。

すでにもう一台購入しようかと検討しています。(30代男性)

LANを繋いでパスワード入れるだけで完了とお手軽。

以前のものより画像も綺麗になり、いい商品ですね。(20代男性)

※楽天市場、Yahoo!ショッピングで購入いただいた方々のレビューを転載させていただいております。

白神山地世界遺産の保護にも防犯カメラが

無題
東北森林管理局は、青森、秋田両県に計45台の監視カメラを設置し、白神山地世界遺産地域への生息範囲拡大が懸念されているニホンジカのモニタリング体制を強化する方針を明らかにしました。
このまま生息域が拡大した場合、希少植物や木の若芽、樹皮などが食害にあい、生態系が壊される恐れがあるそうです。
収集した映像により、シカ侵入防止の具体策や、効果的な捕獲手法などの検討を行うのだとか。

防犯以外でも活躍する防犯カメラ。
映像を残すという強みは様々な場面で活かされています。

素晴らしい性能です - 購入商品:SET-A103

防犯カメラ

画像も綺麗だしモニター以外は全部揃っていてこの価格で高機能は驚き。

4台同時に動体検知録画ができて個別に検知範囲が設定できて検知後のアラーム設定やその他3台のカメラの連動録画の設定と多彩。(40代/男性)

※楽天市場、Yahoo!ショッピングで購入いただいた方々のレビューを転載させていただいております。

防犯カメラ画像の活躍。

岩手県北上市のコンビニエンスストアで3月30日に強盗事件が発生し、犯人は現金6万数千円を奪って逃走しました。
その後、防犯カメラの記録を調査していた県警が4月8日に画像を公開。
犯人の元勤務先関係者からの情報により、4月13日に容疑者が逮捕されました。

証拠画像の効果はやはり大きいものですね。

防犯カメラ

防犯カメラのアチェンド

 

価格以上の価値あり - 購入商品:SET-A102

防犯カメラセット

防犯カメラの専門店で

20製品ほど作動確認を行いました。

同じスペックの製品と比べても

10万円以上お値打ちで

購入して損はない製品です。

設定も簡単で、夜間の撮影も想像以上に

綺麗でした。

ホワイトを購入したのですが

リゾート設計の家ですが

外壁とマッチし

また部屋に10台程車を展示しているのですが

海外出張中にセキュリティには入っているのですが

カメラは今迄設置しておらず心配で

見たい時に、いつでも愛車が見れるのも

気に入っています。

いかにも防犯カメラ…というより

小型なこともあり

オシャレに家の雰囲気を壊さず

設置できたところも満足です。

※楽天市場、Yahoo!ショッピングで購入いただいた方々のレビューを転載させていただいております。

ピーフォン活躍。

東京都港区の書店で男性が刺された事件で、容疑者の女性が逮捕されました。
書店の防犯カメラ映像を警察専用カメラ付き携帯電話「ピーフォン」で撮影、配信された画像を見た警ら隊員が容疑者を発見したそうです。

情報のリアルタイム伝達の効果は大きなものです。
撮影した画像を本庁を通じて配信し、共有できる「ピーフォン」。
今後の活躍にも期待したいです。

 

防犯カメラのアチェンド

防犯カメラのアチェンド

スマートフォンで遠隔監視。

最近の防犯カメラシステムは、インターネットを使って離れた場所から防犯カメラの映像を見る機能が標準で組み込まれてきています。たとえば、こんな風に、スマートフォンから簡単に映像を確認できます。
利用料などは一切不要。インターネット環境があれば、こんな風にいつでも簡単に防犯カメラの映像を見ることができます。
なので、防犯はもちろん「みんな何してるかな?」「お客様はどのくらいご来店されているかな」「どういう状況かな」「人手は足りているかな」など、現地に行かないと分かりにくかったことも手に取るように分かります。経営用に活用できることも、防犯カメラシステムの良さの一つです。

公立図書館の被害。

 

防犯カメラ

 

東京都内の公立図書館にある「アンネの日記」とその関連書籍が破られた問題で、警視庁が器物損壊と建造物侵入の疑いで捜査を始めたそうです。
同一人物による犯行とみられ、被害にあった各図書館の防犯カメラ映像や本の検索記録を分析するなど、捜査が進められています。

この問題により破られた本は約300冊。
防犯カメラの活躍に期待できます。

防犯とプライバシー。

防犯カメラ

2015年に予定されている北陸新幹線富山・金沢開業後に向けて、防犯面の強化も検討されています。
これは、増加が予測される広域犯罪、街頭犯罪に向けたもので、県警は防犯カメラの設置を大々的に推進しているそうです。
その一方で、録画データの取り扱い、プライバシー保護などを懸念する声もあがっているのだとか。

監視、録画とプライバシー保護は切り離せません。
ですが、今回は趣味、興味による撮影の話ではありません。
防犯目的での撮影とプライバシー保護、より大切なものを守れるのはどちらでしょうか。
両立が難しい以上、取捨選択が必要です。
誰しも、普段の生活を撮影されるのは気持ちいいものではありません。
しかし、何かあった時に、防犯カメラの映像にどれほどの効果を期待できるか知ることで、また考え方が変わってくる場合もあるのではないでしょうか。